Skip to content

40年前に考えられていたiPadのもとになるコンセプトをアラン・ケイ自身がプレゼンする貴重なビデオ

今年のWWDC開始まであとウン時間となりました。
果たしてiPadは?iPhoneは新機種が登場するのでしょうか。

もともとiPadはアラン・ケイが1972年に提唱したコンセプト、「パーソナルダイナミックメディア」を具現化したものと言われています。

それを説明するために、アラン・ケイは「dyanbook(ダイナブック)」という具体的なプロトタイプまで作ります。

今から約40年も前に考えられていたiPadの基本コンセプト。それを考案者自身がプレゼンする貴重なビデオです。

こうして見ると現代のiPadでは思い切って切り捨てたものと新しく採用されたものが解ります。
しかし大昔のプロトタイプなのに形状が洗練されていて実にかっこいいですね

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 40年前に考えられていたiPadのもとになるコンセプトをアラン・ケイ自身がプレゼンする貴重なビデオ
Post to Google Buzz
Share on GREE

No related posts.

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*