Skip to content

WWWの元になるアイデアはどのようにして産まれたのか?

WWWを開発したのは、ティム・バーナーズ・リーという学者で、彼は欧州原子核研究機構(CERN)で働いている時に世界で最初のWWWサーバとブラウザ「WorldWideWeb」を開発しました。

けれどもその元になるアイデア「ハイパーテキスト」を考えだしたのは、テッド・ネルソンという哲学者、社会学者で、彼は1960年代からずっとこのアイデアを試行錯誤してきました。

そのテッド・ネルソンが自ら「ハイパーテキスト」という概念について語る貴重な動画がこちらです。

初期のハイパーテキストがどのような思想でうまれ、どのような期待を抱いていたのかが解る内容になっています。ビジュアルも多く、英語が多少苦手でも楽しめると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - WWWの元になるアイデアはどのようにして産まれたのか?
Post to Google Buzz
Share on GREE

No related posts.

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*