Skip to content

新しいRubyの可能性を拓く!?mrubyがついにリリース!

最近風邪気味で寝込んでいたshi3zです。
どうも会社の引っ越しでバタバタしたり、風邪で寝ている間に待望のmrubyがリリースされていたらしく、完全に周回遅れとなってしまいましたorz

mrubyのgithub

まず、mrubyとはなにか?
mrubyはご存知、世界的なプログラミング言語となったRubyの”方言”で、eMbeded rubyの略とのこと。

方言とは言っても、開発者はRubyの開発者、まつもとゆきひろ氏自身であり、事実上のRubyの新バージョンとも言える。

mrubyは、Rubyと何が違うのかというと、Rubyは機能を拡張するときに、Ruby本体に拡張モジュールで機能を追加していく感じだった。Rubyが主で、拡張モジュールが従という構成。

けれども、最近のスクリプト言語、たとえばLuaやJavaScriptなどは、言語エンジンだけを独立させて、大規模なネイティブアプリケーションを主、小規模なアプリケーションを従とすることでネイティブコードによる高速・高機能性とスクリプト言語によるプログラムの書きやすさを両立させることができるようになっている。

mrubyは、Rubyでもそうしたことを実現するための組み込みモジュールだ。
既にmruby発表から10日で、いろいろな人がmrubyで遊んでいる模様だ。

mruby でWebサーバ動いた
Ubuntu で mruby を動かしてみたよ
Windows XPでmrubyをビルドして動かす
mrubyをOSXでコンパイルする

そしてなんといっても今一番注目を集めているのはmrubyでiOSのネイティブコードを書けるようになるMobiRubyだ。

MobiRuby : Ruby + iOS = Super awesome!

個人的にはObjective-Cはあまり書きやすくないと思っているのでこういうフレームワークは大歓迎。
けど、サンプルコードをみる限り、JavaScript並に簡単とまではいかないみたい(それでもずいぶんマシになるが)。

これはMobiRubyがいまのところは単にiOSのフレームワークへのブリッジを提供しているだけだからだろう。

Rubyでカッコ良くGUIを表現するには別のフレームワークを構築したほうが良さそうだ。これももしかするとMobiRubyや他の実装系で解決されていくかもしれない。

さらに、このmrubyプロジェクトの先にはmrubyチップの開発まで想定されているらしい。

将来的にはビデオデッキや炊飯器や冷蔵庫がmrubyで動くようになるかもしれないぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 新しいRubyの可能性を拓く!?mrubyがついにリリース!
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. Ruby on enchant.js / RubyでHTML5ゲームを作ってみる
  2. 続・Ruby×enchant.jsへの挑戦 / イベントドリブンモデルの実現

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*