Skip to content

世界一丁寧!?なOpenGL ESによる3Dゲーム開発入門書が発売!

電脳空間カウボーイズの「シャイな大先生」として有名な布留川英一先生が大ヒット中の「ゼロから始めるenchant.js入門」に続き、またまた新刊を発表したぞ!

その名も「Android OpenGLゲームプログラミング」

こりゃすげえ本だぜ!
OpenGL ES1.0と2.0では、実は構造が全然違う。
だからたいていの解説書では、OpenGL ES1.0のことか、2.0のこと、どちらかしか解説していない。

ところが本書では、まずES1.0を入門として勉強したあと、より高機能な2.0に進むようになっている。しかも一番基本的な「三角形の書き方」の説明になんと17ページ、OpenGL ES1.0と2.0の違いも含めて非常に丁寧に解説している。

さらに戸惑いやすいポイントであるテクスチャと行列についても、なんと68ページも費やしてひたすら丁寧に丁寧に解説している。

OpenGL、というか3Dプログラミングにおける行列の扱いの難しさというのは、受験数学における微分積分に似ている。

絶対に理解しなければならないが、本当に理解するのはかなり難しいという部分だ。
もし3Dプログラミングが受験に出るとしたら、間違いなくこの本をおすすめするだろう。

随所でES 1.0と2.0の比較が出てくるので、色んな入門書を読んで頭がこんがらがってしまった人が情報を整理するのにも役立つ。

そしてアクションゲーム、レースゲーム、格闘ゲームといった、代表的な3Dゲームのプログラミングテクニックまで完全なソースコード付きで解説されている!しかもES1.0、2.0それぞれについてコードがあるので開発したいAndroid端末のバージョンにあわせて勉強することができるのだ。

Androidに限らず、3Dゲームプログラミング全般の入門として、何もしない人が3Dゲームを開発できるようになるまで懇切丁寧に解説されているぞ!

Amazonページ→Android-OpenGLゲームプログラミング-OpenGL 1.0/2.0対応

ちなみにHTML5とJavaScriptでスマートフォンゲーム作成!-ゼロからはじめるenchant-js入門の方はまたもやAmazonで売切れになってしまった!

うーん、予想を超える売れ行きで嬉しいんだけど、在庫が足りてないのは辛い!
というわけでこちらもよろしく!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 世界一丁寧!?なOpenGL ESによる3Dゲーム開発入門書が発売!
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. Android4.0のSDKが公開!プロモーションビデオが登場!

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*