Skip to content

9leap優勝者三名とGDC&シリコンバレーツアーに行って来た!

9leapの最優秀賞を受賞した3名を連れて、サンフランシスコで開催されているゲーム開発者会議(GDC)2012と、シリコンバレーを巡るツアーをやってきたぞ!

今回のガイド役のエリック。
「日本人みたいにして」って言ったらダブルピースをしてきた。

シリコンバレーツアーでは、コンピュータ歴史博物館でまずコンピュータの歴史を学び、その後、インテル本社にあるインテルミュージアムで半導体のできる過程を見たり、クパチーノにあるApple本社で買い物をしたりした。

そして、実際にシリコンバレーにあるベンチャー企業に訪問してみたぞ。
今回訪問したのは、Couchbaseという、memcachedの開発者とcouchdbの開発者が立ち上げた技術系ベンチャー企業だ。

CouchbaseのChrisにenchant.jsの話をしたところ「いいね、じゃあいまからenchant.jsとcouchdbを使ったアプリを作ってみせようか」と言ってものの数分でenchant.jsを理解するところから、couchdbを使ったアプリを構築するところまでウォークスルーしてくれた。

これにはさすがに僕たちもビックリ。

Couchdbを使ったプログラムはiriscouch.comというサービスを使うとサーバを自分で立てることなくものすごく簡単に作れることが出来るのでぜひ試してみて欲しい。

さて、GDCの方だけど、基本的にGDCはセッションがメイン。

でも一応、展示会みたいなのもあって、せっかくの9leapやenchant.jsの活動をGDCに来ている人たちにも知ってもらおう、ということで急遽ブースを出展することに決定。

ただブースを出すだけじゃつまらないから、その場で観客から与えられたテーマに基づいて9分間でゲーム開発する「9 Minutes Coding Battle」をやったらこれが大ウケ。飛び入り参加も現れて多いに盛り上がった。セッションの合間の余興にも関わらず、アメリカ、そしてフランスからも挑戦者が現れた。

スペースがなかったので、いきなり地面に座り込んでコーディングするスタイルだったけど、モニター切り替え器などを駆使してソースコードバトルを実況中継。

飛び出したお題も「チーズバーガーレスリング」や「地獄の食パン」など難問の連続に参加者達も頭を悩ませていたぞ。

9 Min Coding Battleでは、enchant.js開発チームリーダーのリョウヘイが僅差で優勝し、商品の初代ファミリーコンピュータを見事手に入れた。

最終日の夜は、IGDA日本が主催する「IGDA 日本人飲み会」に集まった総勢170名の日米のゲーム業界関係者に対して、9leap優勝者3名が一人3分のライトニングトークを繰り広げた。

@blankblankこと戸谷さんが3分でライブコーディングする荒技を見せたかと思えば、@akihiro_0228こと高橋さんはプレゼンテーション自身をenchant.jsで作るというハッカーぶりを発揮。

そしてなんといっても盛り上がったのは@m_zatsuyoさんこと宮崎さん。

 「9leap、ひいては日本のゲーム業界にはもっと女子が必要だ!」

と叫ぶプレゼンで、会場の喝采をさらっていった。

シリコンバレーツアー、ハッカソン、プレゼン、怒濤のような一週間だったが、優勝者の三人にとっていい経験になってくれれば幸いだ。

次回の9leapもどうかよろしく!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 9leap優勝者三名とGDC&シリコンバレーツアーに行って来た!
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. 9 Hours Challenge 開催決定!日本時間日曜午前9時から!商品はもちろんアレだ

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*