Skip to content

gl.enchant.jsが0.4βにバージョンアップ! 当たり判定が追加されてさらに3Dゲームが作り易くなったぞ!

いよいよ今夜から始まるグローバルゲームジャム。
今年も全世界3000人以上の開発者たちがこのアツい48時間のゲーム開発バトルに参戦する。

それに先駆けて、WebGLに対応したゲーム開発フレームワークgl.enchant.jsがバージョンアップしたぞ!

最大の特徴は「当たり判定」を実現するenchant.gl.collision.Boundingが追加されたこと。

これを使うと立方体同士や球体同士といった複雑なあたり判定を手軽に扱える。

Sprite3Dに

a = new Sprite3D();
b = new Sprite3D();
if(a.intersect(b)){
      console.log("当たった!");
}

ってな感じで当たり判定が追加できる。
2Dのゲームをenchant.jsで作る時と全く同じ感覚で、かなり複雑なあたり判定を使いこなすことが出来るのだ!

サンプルにも当たり判定を追加。
ぜひ試してみて!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - gl.enchant.jsが0.4βにバージョンアップ! 当たり判定が追加されてさらに3Dゲームが作り易くなったぞ!
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. WebGL+enchant.jsでモグラ叩き!ゲームをつくる!(221行)
  2. enchant.jsで3Dゲームを作ってみる!
  3. enchant.js がネットゲーム開発に対応!「socket.enchant.js」β版リリース
  4. HTML5/enchant.js版グランダリウスのソースは739行! HTML5/enchant.jsの生産性はObjective-Cの50倍はあるかも・・・
  5. 全米初のHTML5ゲーム開発イベント:New Game 2011 レポート enchant.jsも登場!

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*