Skip to content

enchant.jsでcanvasを使ったスプライト表示に対応!美しいα合成もサポート

enchant.jsは実は基本はDOMベースのライブラリになっている。
その理由は、canvasだと描画が安定しない場合が少なくなかったからなのだけど、それでもやっぱりcanvasを使いたい!canvasならではの表現がしたい!

という要望も多かった。
そこで密かに開発を進めていたのが、canvas.enchant.jsだ。ただし今はまだβ版。今後、本家のenchant.jsにマージされていく予定だ。

実際、canvasを使うとどんなことができるか?
わかりやすい見所は、美しいαブレンディングができることだ。

また、昔はcanvasの描画がかなり重かったiOSやAndroidも高速化されている。

しかし、なぜか最新のGalaxy Nexusでは、canvasはまためちゃくちゃ重くなってしまっている。なかなか上手く行かないものだなあ

せっかくα合成が使えるので、先日話題になったグランダリウスにα合成の演出を追加してみたぞ。美しい雲の動きがより疾走感を演出してくれるハズだ。

arctic.jsというライバルも現れて、開発チームも燃えているぜ!
enchant.jsの新バージョン、0.4.3がリリースされ、さらに高機能になった0.5の登場も控えているぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - enchant.jsでcanvasを使ったスプライト表示に対応!美しいα合成もサポート
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. enchant.jsよりFlashライクなライブラリArctic.jsがDeNAからリリース!
  2. gl.enchant.js開発者コミュニティが活発化!チュートリアルやサンプルが続々と
  3. enchant.js用物理シミュレーションプラグインPhySpriteが登場!
  4. enchant.jsがCoffeeScriptで記述可能に! enchant.coffee登場!
  5. gl.enchant.jsがクォータニオンに対応した0.3βにバージョンアップ!

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*