Skip to content

enchant.jsも登場!DevCon5:2日目レポート

みなさんこんにちは!昨日はお腹が緊急事態の時にホテルのカードキーが2回も動かなくなったり、夜は隣のお部屋からいびきが聞こえるわ、朝になったら夫婦喧嘩っぽい声が聞こえるわでなんだか休まらない感じの hidemyです。そんな私とはうらはらに、Ericは MOVERIOをつけて準備万端!ということで、DevCon5も2日目に突入です。今日のKeynoteははenchant.jsの講演もありますよ〜!

まずは、Senchaの Creative Web Technologist、David Kaneda 氏 による講演。
“People,” “money,” “experience” という3つのテーマに基づいて、アプリ開発について「謙虚に」提案をしてくれました。

アプリ開発という点では、ユーザにとっては体験が重要、技術者にとっては技術が重要、ビジネスにとっては、もうかるかが重要、というのが上の3つのキーワードの意図。
また、アプリというのは、PCからモバイルまで、ブラウザやtwitterなど生活の中で頻繁に使うものであって、まだまだアプリマーケットの需要は高い、とのこと。
よく言われますが、ユーザにとってはアプリがネイティブかHTML5かなんてどうでもいい、「使いやすさ」が重要、ということで、Kaneda氏の3つの提案とは

  • “One Web” の考え方をやめること
  • Webも考える
  • イミテーション+イノベーション

つまりは、”One Web” の考え方をやめること:アプリを使うことにユーザも慣れてきている、ということをわすれてはならない。
Webも考える:全てがモバイル完結すればいいということではない。
イミテーション+イノベーション:よいUIから学ぶことは必要だが、+イノベーションが必要。
ということでした。


最近新しくなったPathのUI。+ボタンからポップアップするのが楽しいあれも、さっそくまねしているものがあるということです。だけど、それだけではだめ。facebook や twitter のUIのように、ネイティブの特製を使いながらユーザがこれまで「学んで」きた動きを踏襲しつつ、さらにイノベーションを加えていくこと、そのために、HTML5もフル活用しましょう、ということでした。

うーん、言うのはカンタンだが…という感じでしょうか???

—-

Mobiquity の Vice President of Application Architecture、Jonathan Stark氏による講演は、
“Three Things First: Content and Experience in the Age of Ubiquitous Computing” という題名。また3がでてきましたね。

モバイルはは今や人々の生活のいろんなところに関わってきています。いつでもどこでもデータにアクセスし、さまざまな用途に使われているモバイルは、5年以内にはトラフィックは10倍になり、20%がデスクトップを使わなくなる、そして2016年には全世界で50億人がモバイルユーザになる、といわれています。

また、Siriにはじまる音声入力や、手のひら、さらには脳波など、入出力の形式もより直感的なものへと進化しています。

そんな中、開発者が優先すべき3つの点は、

  • Contents First
  • Mobile First
  • API First

の3つ。

Content First:どのプラットフォームに向けて作るのか、ではなく、理想的なアウトプットがどんなものになるのか、コンテンツを優先させること。
Mibile First:ただし、出来る限り小さなモバイルの画面から考えること。(タブレットも可)。
API First:どのAPIを使うかも重要な要素になる
ということでした。


彼が考える写真のような、モバイル+ワイヤレスな世界が来る日に向けて重要なのは、コンテンツありきで考える、ということですね。言われてみるとごもっとも、という感じですが、再確認、というところでしょうか。

—-

そしてそしてお待ちかねのランチとともにやってきたのはenchant.jsちゃん。

shi3z編集チョと Eric のダブルスピーカーによる講演です。ときどき Eric が質問して編集チョが答える問答形式。

Ericのギャグが会場をドッカンドッカン笑わせます。さすが元映画監督!

enchant.js ができるまでやコンセプト、基本的な機能紹介から最近のプラグインの紹介、enchant PROや 9leap、9leapゲーム開発キャンプについてまで、ライブコーディングも含めて内容盛りだくさんの1時間。

「忍者の秘術だった柔術も、100年前に東京大学の学生が柔道としてスポーツ化した。今やオリンピック種目だ。プログラミングもそうなると思う」

Ericの提案で忍者ネタを中心にしたプレゼンは確かにウケが良かったみたい。

白いあのクマが吠える吠える。

ちなみに、wise9でもおなじみの「フライング女子高生まどか」は英語タイトルでは…  “Angry Hight School Girl” やっぱり、これ、うけてました(笑)

—-

そういった感じで2日間のDevCon5も終了。

また次回はマイアミでも開催されるようですので、興味のある方はこちらをチェック!

それでは皆さん、またどこかでお会いしましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - enchant.jsも登場!DevCon5:2日目レポート
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. HTML5開発者とデザイナーのためのカンファレンス「DevCon5」:1日目レポート
  2. 全米初のHTML5ゲーム開発イベント:New Game 2011 レポート enchant.jsも登場!
  3. enchant.jsがCoffeeScriptで記述可能に! enchant.coffee登場!
  4. 10/21 enchant.js初のオフィシャルイベントを秋葉原で開催!発表者も募集中!
  5. enchant.js用マップエディタenchantMapEditorが大幅にパワーアップ!

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*