Skip to content

HTML5開発者とデザイナーのためのカンファレンス「DevCon5」:1日目レポート

みなさんまたまたこんにちは、Hidemyです。12月ということであっという間に世間はクリスマスムードですね。(けっ。)イルミネーションに溢れる東京を少し離れ、今回もまた、Eric と Hidemyの凸凹コンビが、青い(見た)目をしたの東京生まれの東京育ち、enchant.jsちゃんとアメリカに来ています。今回はカリフォルニア州のサンタクララ。

ここでは12月7日〜8日(太平洋時間)にかけ、HTML5カンファレンスのDevCon5が開催されていて、今回はそこに参加しにやってきました。enchnat.jsも登場しますよ!

会場の雰囲気はこんな感じ。ネットワークミーティングセンターの大ホールで、Keynoteが行われます。その他のセッションもお隣の部屋で開催されます。ホールは広ーい会議室、という感じ。

このメインの会議室の中、参加者の席の横で、enchant.jsグッズを配ったり、デモをしたりしていますよ。上の写真の左の方にいます。こんな感じで。

朝食にパンやフルーツ、コーヒーなどが振る舞われ、セッションがスタート。

本日は以下の3つのKeynoteを聞いてきました。

LinkedInのEngineering Mobile ディレクター、 Kiran Prasad氏による講演は、”Change Setting Site on the Cloud. HTML5 Lessons from Linkedin using Node.js” というタイトルで、HTML5とNode.jsについてのお話。

やはりモバイル向けのアプリケーションを構築する上で、クロスプラットフォームは重要。iOSでは70%がHTML5で、Androidは20%、その他のモバイルウェブは100%がHTML5製だといいます。また、3年以内には、90%がHTML5になると同氏は予測。

Node.jsを使って、モバイルアプリのルック&フィールだけではなく、パフォーマンスも向上していきましょう、と語ってくれました。

Node.js採用の理由としては、”Evented & JS” であること、つまりは

  • ノンブロッキングI/O環境
  • ストリングの統合と操作が可能
  • ソケットコネクションの維持できる
  • クライアントサイドと同じ言語でサーバサイドの開発ができる

があげられるようです。

ちなみに、LinkedIn アプリのネイティブ/HTMLの具合は、

iOS

  • infinite list : ネイティブ
  • Window Manager : ネイティブ
  • detail view:HTML/JS

Android

  • ほぼ全ての画面:ネイティブで製作
  • WebView:20%の画面で利用
  • HTML5ベースへ移行中。

ということでした。

——

■ OpenGLやWebGLで知られるKHRONOSグループNeil Trevett会長による講演は、 “WebGL and the Visual Web Ecosystem” というタイトルで、WebGLをはじめとするHTML5開発のエコシステムの解説と今後についてを語ってくれました。

パソコンが一人1台となり、さらにモバイルも普及し、出荷台数はデスクトップの3倍という昨今、デバイスの多様性に対応することは必須。さらにモバイルデバイスのパフォーマンスも、2014年には今の5倍になっているだろうということで、HTML5はマルチデバイスでいろいろ出来る、だけではなく、さらにデバイスの可能性を広げていくことが必要だと語っていました。3Dがウェブ上で使えるWebGLもその一つ。Khronosグループはウェブとネイティブ APIとの融合のために注力しているものの、更なる発展には、W3CとOSベンダー、ツールベンダー、そしてKhronosグループのようなAPI策定チームの協力が必要である、と述べていました。

——

Research in Motion(RIM)のKen Wallis氏は、”HTML5 and BlackBerry:The next level of Web development” というタイトルで、Blackberry向けのWebアプリ開発についての講演。

BlackBerry 向けの ウェブベース開発プラットフォーム、WebWorksでは、

  • 7千万人が登録
  • 総アプリDL数:10億
  • 500万DL/日
  • 129カ国展開
  • 13%のベンダーが$10万(¥800万程度?)を稼いでいる

とのこと。

HTML5+Blackberry =5100万人の現在のユーザに、さらに将来のデバイスユーザにもリーチできますよ!ということでBlackBerry browserを使ってのアプリ開発のススメでした。

講演では、アプリの試験に役立つ
Ripple エミュレータ

http://ripple.tinyhippos.com/

ご存知の方も多いかと思いますが、CSSエンジン
Alice.js

http://blackberry.github.com/Alice/

などについて紹介。

WebWorksのミッションはBlackBerry向けのアプリコミュニティを作る事。出来る限りのオープンソース化を目指しているということで、さらにいろいろなサンプルが同社のgithubから入手可能です。
気になるサンプルはこちらから!

——

本日はそのRIM主催によるネットワーキングパーティがありました。
雰囲気はこんな感じ。

enchant.jsのブースにも休憩中や、時には公演中、パーティの間も、「これなに?」という感じでいろいろな方が訪れてくれました。私ゲームすんごい好きなの!という女性の方もいたり。enchant.jsで開発して、9leapへ投稿してくれるといいな(笑)

DevCon5、明日の後半戦はshi3z編集チョとEricのKeynoteもありますので、ぜひお楽しみに!
それではまた明日!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - HTML5開発者とデザイナーのためのカンファレンス「DevCon5」:1日目レポート
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. onGameStartで見えてきたHTML5+ゲーム技術の最新トレンドまとめ
  2. enchant.js用マップエディタenchantMapEditorが大幅にパワーアップ!
  3. enchant.js + node.jsで作る非同期型ネットゲームのプロトタイプ
  4. 10/21 enchant.js初のオフィシャルイベントを秋葉原で開催!発表者も募集中!
  5. enchant.jsがCoffeeScriptで記述可能に! enchant.coffee登場!

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*