Skip to content

【続報】米初のHTML5ゲーム開発イベント:New Game 2011 レポート その2

みなさんこんにちは、hidemyです。11月ですが太陽がとてもまぶしいサンフランシスコは、青空が広がるいい天気です。New Gameも2日目、後半になりました。今日もenchant.jsをEricとともにエヴァンジェりながら、スピーチをいくつか聴講してきましたので、その模様をお伝えします!

本日のKeynoteはZynga GermanyのCTO、Paul Bakaus氏によるスピーチでした。

アクティブユーザが月に2億3200万人に到達するというZynga社。2年前に比べ、ZyngaでもAves Engineを出しているように、HTML5のゲームエンジンは確実に増えてはきているものの、オーディオAPIの不足や、CanvasやWebGLにはまだまだ改良の余地があると指摘。
また、ゲーム製作ではリアル/3Dが必ずしもといいわけではない、ということを、セサミストリートのバートの3D画像で証明してくれました…!

ちなみに、この画像は”bert 3D” などで検索すると出てくるようですよ!もちろんそれだけではなく、facebookでも2Dのゲームが多いということはその証拠。で、HTML5のゲームはみんなやりたいけど、実際それほど手が付けられていないのは、ひとつは「プログラマ」はHTML5のコーディングは「プログラミングでない」と考えいるから。もうひとつは対企業で考えると、対応するブラウザを採用していないことが多いからだといいます。
また、HTML5ゲーム開発というのは必ずしもWeb開発者ができるものではなく、「ゲーム開発」にはウェブ製作とは違った要素が必要。Zyngaでは、Webをゲームに適した環境にするため、WC3への加盟などのコラボレーションをしていくことで、環境の改善を測っているとのことでした。
Zyngaのコンポーネント、Scrollerや jukebox(本日解禁!)は github の Zynga ページをチェックです!




先日ポーランドで開催されたonGameStartでも講演のあったSpilgamesからはRobbert Van Os氏とChen Qi氏がスピーチ。主に中国をはじめとする日本、韓国などのアジアでのHTML5ゲーム事情を解説。逆輸入感覚の聴講となりました。

中国のモバイルユーザは9億人、内3Gユーザが5000万人、スマートフォンユーザは4000万人と市場は大きいものの、ネットワークの規制によってfacebookなどの海外SNSなどは中国では展開できないなど、海外の開発者にとってはまだまだ「壁」があるとのこと。Spilgamesは、中国のゲームポータルを他のパブリッシャーと組み展開。中国初のHTML5モバイルゲームポータルとなり、初のmixi向けHTML5ゲームを提供しました。
また、アジアへ展開する上で、アメリカやヨーロッパなどの「西」と、アジアの「東」ではAndroidマーケットや課金システムの違いが存在し、ゲーム自体の文化的なローカライゼーションも必要で、さらにブラウザベースのゲームを作る場合は、最新のブラウザを必ずしもユーザがアップデートしていないということを考慮すべきと指摘していました。そして、Spilgamesはそれらの問題をサポートします、というお話でした。

MozillaのAlan Kligman氏と Bobby Richter氏は、ウェブプラットフォームを3Dゲーム向けに強化するプロジェクト、’Paladin’についての講演でした。

JavaScriptのアニメーションの“Flight Of The Navigator”のように、デモからウェブの可能性を切り開いていくことが重要と語る彼ら。しかしデモのみでなく、ゲームにもその効果があるといいます。ブラウザ向け3Dゲームエンジンの’Gladius’は 上記アニメで使われたCubicVR.jsをもとに改良。“RescueFox” はGladiusを利用してつくられた3Dのゲームです。Gladiusは年末にはアルファ版が完成し、ゲーム制作に使えるとのこと。ジョイスティックコントロールをサポートする Joystick API や、開発中の Mouse Lock API など、技術の更新情報はPaladin wikiをご参照あれ!



講演の合間のブレイクタイムにはこんなかわいいカップケーキが出されました。

お味のほうは大味、ということで。
そしてさらにさらに、Googleからは豪華プレゼントが。何と、 Chromebookをもらいました!

太っ腹!



そんなこんなで2日目も終了。SDカードも好評につき完売しました(売ってはいませんが)!今頃はenchant.jsでゲーム開発してくれている開発者がいるといいなと思いつつ、私たちは明日、東京へもどります。
またね、サンフランシスコ、またね、USA!

と、おもったところで、速報です!今回のイベントの主催者である Bocoupが毎月ボストンで開催している開発者イベントへまたまたenchant.jsチームが参加します!
enchant.jsちゃん、海を渡って今度はどんな展開になるのでしょうか。その模様もきっとまたお伝えできると思いますので、ぜひぜひお楽しみに!

それではまた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【続報】米初のHTML5ゲーム開発イベント:New Game 2011 レポート その2
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. 全米初のHTML5ゲーム開発イベント:New Game 2011 レポート enchant.jsも登場!
  2. 道産子魂を札幌に見た! 9leap Programming Camp@札幌 レポート
  3. onGameStartで見えてきたHTML5+ゲーム技術の最新トレンドまとめ

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*