Skip to content

世界初!のHTML5ゲームカンファレンス onGameStart 講演まとめ

みなさん、こんにちは!

神出鬼没、今やはぐれメタル的存在(自称)となったHidemyです。

さてさて、2011年9月の22日、23日とポーランドのワルシャワで開催された onGameStart、私も参加してきました。

1日目のカンファレンスについて内容をまとめをしてみましたので、良かったら参考にしてみてください。

1. ウェブアプリケーションのマーケティングとマネタイジング

- Marketing  & Monetizing Web applications / Native vs OpenWeb-

世界18カ国以上で展開するSNSサイトを運営しているSpilGames社のRobert Van Os 氏によるスピーチ。

SNSサイトを世界展開する上で、ターゲットにあわせたコンテンツやUIにすること、特定のプラットフォームに限らず、クロスプラットフォーム展開すること、その場合のHTML5の有用性と注意点(すべてのブラウザがHTML5をサポートしていないなど)について説明。

また、コンテンツやタイトルをそのまま訳すのではなく、地域に合わせること、ローカライゼーションの必要性についてもお話していました。

spilgamesウェブサイト

2. 3DエンジンをHTML5にインプリメントする

- How to implement a 3D engine in HTML5-

Origami 3D エンジンのMarius Gundersen 氏による講義。

Canvas タグを利用し、JavaScript で3Dイメージをガリガリ描いていきます。

こんな風に。

他にも、昔懐かしRay Casting法を使ったFPSのデモなどが披露されました。


非常に本格的なエンジンながら、ライセンスは「僕にビールを一杯奢って」だそうな。

〆は、JavaScriptは速い!ということでした。

百聞は一見に如かず。気になる方は origami 3D engine をチェック!

3. ゲームを美しくする方法

- How to make your game beautiful ?-

HTML5 のゲームスタジオ Code-Heads のMichael Hudson 氏と、ゲームデザイナーでありピクセルアーティストのRobert Podgorski 氏による講演。

美しい絵を描く、のではなく、アートワークの揃え方についてのお話でした。

Texture Packer や Flash を使ったスプライトシート作成の方法や、HTML5ゲーム用にグラフィックファイルをつくるときのコツや注意点について説明。ゲーム中のユーザの操作に対するインタラクションの必要性についてもお話していました。

今ならなんとTexture Packer は、 “on-game-start-2011″ でディスカウントがあるそうです。

4.HTML5とIE で相乗効果

-HTML5 & IE better together-

彼のMicrosoft社のFoks 氏と Czekala 氏による IE9 と10 についての紹介。Windows 7 で採用されたウェブサイトのタスクバー追加や、通知などの実装方法や、それに伴いユーザの滞在時間向上をはかること、IE9から10への仕様の進化についてのお話でした。

Windows8で採用される新しいUIであるMetroは、これまで主流とされてきたXAMLによる記述を完全にバイパスし、JavaScriptとHTML5で書かれたプログラムがCやC++、C#と同じように WinRT APIを直接アクセスできるようになります。

もともとポータビリティを最優先に開発されているJavaScriptですが、Microsoftが従来から押し進めて来たプロプライエタリな囲い込み主体のテクノロジーとどのように融合していくのか、非常に見物です。

既にWindows8のパブリックプレビューが公開されているので、マシンが余っている方は試してみては?

Windows8により、MicrosoftはGoogleやAppleより一足先にデスクトップアプリケーションのHTML5化というのを実現することになりそうです。

当然、そこではブラウザではない環境特有のAPIなどが必要とされるはずですが、そこはWinRT APIをJavaScriptから直接叩くのだとすると、ちょっとHTML5の良さを活かすのは難しそうです。

いずれにせよ、Microsoftが「そろそろ本気出す」と言って発表したIE10は、IE9を凌ぐ高速度で、しかもHTML5への対応度もかなり高まっているそうなので試す価値はありそうです。

詳しくは以下のリファレンスを参照してください

http://ie.microsoft.com/testdrive/

http://buildmypinnedsite.com/

http://www.beautyoftheweb.com/

http://www.buildwindows.com/

5. ポータブルゲームエンジンのありがちな罠

-Portable game engine; common pitfalls and gotchas -

Piotr Sadowski 氏による講演で、HTML5+JavaScript ベースのMMOゲームエンジン、Solpeo Engine の紹介です。このエンジンは、アバターを100体同時に出しても比較的軽く動かすことができ、広域のマップも早くリロードできるなど、MMOゲーム制作の陥りがちな欠点を補間したシステムを持っているとのこと。

Solpeo Engineウェブサイト

しかし今回、世界にはものすごくたくさんのHTML5開発者が居て、みんな日々いろいろと考えつつ動いてるんだな、ということを痛感しました。

ゲームに限らず、HTML5を使ったウェブアプリには、今後もますます注目ですね。

それではみなさん、またいつか!

文・Hidemy

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 世界初!のHTML5ゲームカンファレンス onGameStart 講演まとめ
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. 9leap:プログラミングの腕を磨くと最新のMacが貰えてシリコンバレーへ行ける育成プロジェクト
  2. 9leap Camp@Tokyoレポート:4時間でスマートフォン対応のHTML5ゲームをゼロから創ってみる

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*