Skip to content

[TGS2011] 脳の集中力を測定して相性が分かる?新しい脳波デバイスの可能性

こんにちは、wise9編集部のヤマシタです。引き続き東京ゲームショウ2011の様子をレポートします。
今回は会場内で発見した、新しいデバイスの体験レポートをお送りします。




東京ゲームショウにはゲームだけではなく、ゲームのための基盤となる技術の展示も行われています。そこで見つけたのが、アーキテクトさんが展示している脳波を使ってゲームを遊べるというデバイス。

脳波で操作するゲームといえば先日のアルス・エレクトロニカにおいてもBCIが展示されていました。あちらは文字に意識を集中させて脳波で入力をするデモでしたが、こちらは脳波をキーボードのような入力装置として使うのではなく、集中力やリラックスさを計測するセンサーとして利用したデバイスの展示。


有線型と無線型があります


脳波を測定するための設備というと一般には医療系でしかも大掛かりなイメージがありますが、今回の展示に使われているのはこのヘッドバンドのセットだけ。

デバイスの小型化には新しく開発されたICが貢献していて、電極から取れるローデータから集中の度合いや感情などの脳の状態を数値として取り出せるとのこと。解析のためのアルゴリズムを変えれば他にも色々なデータが得られるようです。
得られたデータはイヤホンジャックを介してiPadに送られます。
これは興味深い。早速体験してみることに。

脳波を測定するにはこのヘッドバンドを頭に巻きます。


後ろに出ているのはiPadのイヤホンジャックに繋がっているケーブル


ヘッドバンドには電極が一つついていて、頭に巻きつけるとこの電極が肌に触れます。

次にデバイスから出ているクリップ(これも電極つき)を左耳に。これで準備完了です。


額に触れる電極


相性の判定は測定中のリラックスさなどから独自のアルゴリズムで診断されます。
iPad上のソフトを起動し、コンパニオンさんと15秒間見つめあいます。間近で笑顔だと、どきどき。
さて、結果は…?


ガーン


男女の関係は難しいようです。


こちらは無線タイプ


こちらは同じデバイスをワイヤレス化したもの。装着方法は同じで、意識を集中させて女の子を振り向かせるゲーム。意識を集中すると連動してインジケータが回り、ある閾値を越えるとゲームクリアです。こちらもやってみたところ、集中力は良い結果が出たものの、リラックスさのゲームではタイムアップ…。

脳波をコントロールするのは難しいですね。コツが掴めればうまくいくようになるかな?

 

子どもの頃親に「集中して勉強しなさい!」と言われても、そういって集中できたら苦労しないよ!という経験のある人は多いと思います。自分の意識次第なのに、集中する、って難しいですね。このデバイスが目指しているのは、よりいっそう小型化が進めば、勉強中の集中力を調べて集中力が増す状況を突き止めるなど、教育に活用できるとのこと。もちろん、このデモのようなゲームのインターフェイスとしての利用も考えられています。

脳波という新しいインターフェイスはまだまだ未知のことが多いだけに、様々な発展が考えられる分野です。いつかこの脳波センサーが、家のパソコンや携帯に搭載されて脳波でコントロールできる日が来るのではないか…そんなSF的未来を感じさせてくれました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [TGS2011] 脳の集中力を測定して相性が分かる?新しい脳波デバイスの可能性
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. [TGS 2011] PSVita体験レポート & NEWラブプラスがスゴイ
  2. TGS2011 ビジネスデイ限定! UEIブースであいつを見つけろ!

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*