Skip to content

[9leap] geolocationAPIを使ってGPS連動ゲームを作ろう!

こんにちは! 9leapチームのリョーヘイです。

 

 

今回の9Day Challengeのテーマは「geolocationAPI」。これはW3Cによって新しく追加されたJavaScriptのAPIで、これを使えばナント、JavaScriptから位置情報を取得できちゃうんです。

え、僕のMacBookや、私のVaioにはGPSがついていない? なんて言う人のために、カンタンなデモを用意しました。あなたのブラウザ/PCが、geolocationAPIに対応しているかどうか、ためしに、下のボタンを押してみてください。

さきほどのボタンの中身はこんなかんじです。

function getPosition(){
    navigator.geolocation.getCurrentPosition(function(pos){
        writeBox("現在の緯度 = " + pos.coords.latitude + "<br />");
        writeBox("現在の経度 = " + pos.coords.longitude + "<br />");
        writeBox("現在の高度 = " + pos.coords.altitude + "<br />");
        writeBox("位置情報の正確さ= " + pos.coords.altitudeAccuracy + "<br />");
        writeBox("現在の向き = " + pos.coords.heading + "<br />");
        writeBox("現在の移動速度 = " + pos.coords.speed + "<br />");
        writeBox("位置情報を取得した時間 = " + pos.timestamp + "<br />");
    },function(e){
        writeBox("位置情報を取得できませんでした<br />");
    });
}

writeBoxというのは出力関数。つまり、こういう風に呼び出せばOKってことです。

navigator.geolocation.getCurrentPosition( 成功したときの関数(), 失敗したときの関数() )

さて、どんなゲームができるかな? すでにいくつか9leapに上がっているサンプルがあるので、そちらも参考にしてみてください。

位置情報対応のアトラスXは以下のサイトからダウンロードできますよ!

https://github.com/wise9/atlasx

いつものように、賞品は「優勝」「インパクト賞」「テクニック賞」の3種類。外に出かけたくなっちゃう、 GPS機能付きのデジカメや、GPSロガーなどを差し上げます!

それでは、今回もユニークなゲームの投稿お待ちしております。


Related posts:

  1. 見た目でゴマカす超速Webアプリ開発 #1
  2. 「jsdo.it」と「9leap」が黄金のコラボレーション!ゲームプログラミングがもっと身近に・学びやすく

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*