Skip to content

MWC2011レポート:Intel MeeGoとAppUpの未来は?

MWCのレポートをお届けしています、wise9編集部のリョウヘイです。

読者のみなさんは、Intelってどんな会社か知ってますか?

もちろん、CPUのプロセッサやチップセットを作ってる半導体メーカー。そうですよね?

では、Intelがネットブック用OSを作ってる…と聞いたら、驚く人は多いのではないでしょうか。

MWC2011 App PlanetのIntelブースでは、LinuxベースのOS「MeeGo」と、その上で動くアプリケーションストア「AppUp」の展示が行われていました。

MeeGoといえば、昨年のMWC2010で、携帯メーカーとの提携を見込んで「携帯機器向けのオープンソースOS」として発表されたのにもかかわらず

最近スマートフォンOSとして採用すると表明していたNokiaに裏切られたことでちょっとした注目を浴びましたが、

今回のMWC2011ではさっそくスマートフォン以外のデバイスに焦点を当てて、「IntelのAtomプロセッサを搭載した、ネットブックやタブレット、カーナビ、セットトップボックスなど様々な端末で利用できるOS」として展示しています。切り替え早いですね…。

MeeGo用のアプリをひとつ作れば、あとは異なる画面サイズやインプットデバイス(タッチかマウスか)に対応するだけで、

後述するAppUp Centerを通じてMeeGoが動く全ての端末にインストールすることができる、というのが開発者へのアピールポイント。

会場のメインストリートに位置していたMeeGoの展示会場では、実際にMeeGo OSが動いている様々な端末が展示されていました。確かにカーナビにこれが載ってたら便利そう。

すでにネットブック、ハンドセット、車載デバイスについてはMeeGo v1.1がリリースされており、SDKも含めて無料でダウンロードすることができます。

MeeGoのデモは、こんな感じ(ブースの担当者に撮影と公開の許可を取っています)。

見て分かるとおり、画面上部に主要な機能がタブ形式でまとまっています。機能特化型の分かりやすいインターフェイスを採用しています。

そしてもうひとつの展示されていたソフトウェア、Intel AppUp(アプアップ)は、有料・無料のアプリケーションを簡単に検索・インストールできるネットブック向けのアプリ。

今のところWindows XP/7、MeeGoに対応したAppUpがダウンロード可能です。

AcerやDell、Samsungなどの企業が、AppUpのクライアントアプリをプリインストールした状態でネットブックを出荷すると表明しており、Intelとしてはこの勢いに乗って、エンドユーザ向けに普及させていく心づもりのようです。

個人的に私が感じたIntelの賢いところは、決してAppUpだけでMeeGoプラットフォームのユーザを囲い込もうとしていないところ。実は、MeeGo OSではAndroid Storeのアプリも全て動くんです。MeeGoの祖父にあたるARMプロッセサ向けOS「Moblin」は、昔GoogleにAndroidとの統合を打診していたほど、この二つのプラットフォームは仲良し。

AppUpで販売したアプリ代金の、デバロッパの取り分は70%。AppStoreやAndroid Storeと同じ割合です。さてさて、GoogleといいIntelといい、どうやらマイクロペイメントのプラットフォームを得るために必死なようです…Androidは波に乗っていますが、MeeGo/AppUpはどうなるでしょうか?

AppUp の詳しい情報と、ダウンロードはこちらから見ることができます。

Intel AppUp(SM) Center

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - MWC2011レポート:Intel MeeGoとAppUpの未来は?
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. MWC2011レポート:Motorola ATRIXと新しいユビキタスコンピューティング
  2. MWC2011レポート:今年のAndroid端末、本命は「GALAXY SⅡ」?

Comments Closed