Skip to content

[GW特番]とある女子大生にiPhoneとAndroidとアプリとFlashとJavaScriptの違いを説明するために「ドラえモン」に例えると…

休日である。

休日だと言うのに、昨日は最近UEIのショーヤマ兄さんがロンドンブーツ1号2号の田村淳と開発した、iPhoneアプリ「マメ山マメオ」がフジテレビの「お台場Appsラボ」で発表された。このアプリはなにげにZeptopadのデザインを担当した堀くんと、布留川英一大先生あたりが開発しているため、非常にソツのない仕上がりとなっている。プロデューサーは増田テツロー。

マメ山マメオの詳細はこちら(iTunes)

 

ちなみに放送中はなぜかツイキャスも並行して行われており、その様子はこちらのアーカイブで見ることができる

http://twitcasting.tv/oalabo/movie/1502035

フジテレビ、型破りすぎる。大丈夫か?CMの間のトークもバッチリ収録されている。

はやくもマメ山マメオ、iTunesStoreで全体で2位にまで上り詰めている。

ちなみに一般的にこの手の番組だと、芸能人が考えた、といいつつ実は放送作家が考えたネタでゲームを作る、というパターンが多いが、この番組の場合、ガチで田村淳さんとつるの剛士さんが企画を考えている。

そういう意味で、田村淳さんの企画力は群を抜いている。

すごいなーさすがだなー

と思って清々しい(?)朝を迎えていると、Facebookのチャットが来ていたのに気づいた。
某女子大に通う、知人からだった。

 

「清水さん!!!お台場Appsラボみました!わたしのXperiaでもできますか?」

 

すかさず返す。

 

「見れないよ。XperiaはAndroidだもの」

「えっ!? XperiaはドコモのiPhoneじゃないんですか?」

「ドコモから出てるのはAndroidだよ」

「アンドロイドって、auじゃないんですか?」

「ちがうよ。OSだよ」

「OS?って、Vistaみたいな?」

「あー、そうそう」

「ケータイにもOSがあるのですか?」

「そうだよ」

「auとドコモはOSが同じなんですね」

「うん。そう」

「なるほど。iPhoneもアンドロイドですか?」

「違うよ。iPhoneはAndroidじゃなくてiOSっていうApple独自のOSだよ」

「そうなんだ・・・」

 

しばし沈黙。

そう。最近、LADY GAGAのCM効果もあってか、Androidはauの商標だと思っている人も多いらしい。

 

「それで、マメ山さんはXperiaには来てくれないのですか?」

「うーん、それはなんとも言えないけど、いまのところiPhoneアプリしかでてないからね」

「でもでも、こないだTwitterで教えてくれたゲームは私のXperiaでも動きましたよ?」

9leapのことを言ってるのだろう。

「あれはアプリじゃなくてJavaScriptだから」

「・・・読めない。。。しくしく」

「じゃばすくりぷと」

「それはアプリじゃないんですか?」

「うん。アプリじゃない」

「どう違うんですか?」

「アプリと違って、ブラウザ上で実行できるのがJavaScriptだからね。ブラウザで実行できるJavaScriptは、最新のブラウザさえあればOSを問わず動く」

ま、最新は最新でもIEという例外はあるけど。
しかし、最近はInternetExplorer9でもenchant.jsが動くらしい。しかも高速。マイクロソフトもやっと重い腰をあげたのだろうか。

 

「それってニコ動やようつべみたいなもんですか?」

「そっちはFlashだから」

「フラッシュ?」

「まあとにかくマメ山マメオはAndroidに移植されないと動かないよ」

「エー!残念。泣く(T_T)」

 

泣かれてもしょうがない。
ブラウザを閉じようとした矢先

 

「iPhoneとXperiaってどう違うんですか。それとようつべとゲームかそのへん諸々」

「一言じゃ説明できないよ」

「じゃあ漫画に例えて!」

「ええっ?」

「最近よくやってるじゃないですか。ドラえモンがいい!」

 

そういうわけで、なぜかその関係をドラえもんに例えることになった。
ちなみにこの漫画にたとえると・・・というのは別に連載のつもりで始めた訳ではなく、一度書いてしまったらみんなが調子に乗って漫画に例えろ、と言ってくるのでなぜか続いているという謎のシリーズである。

 

「しょうがないなあ。ドラえモン・・・ドラえモンねえ・・・」

 

ドラえモン・・・の説明の必要はないだろう。国民的人気アニメだ。
僕は藤子不二雄の作品としては、「まんが道」が一番好きだが、ドラえモンはその後の藤子不二雄Fフォーマットとなった記念碑的作品でもある。

藤子不二雄Fフォーマットとは、ドジでマヌケな主人公(のび太)が、いじめっ子(ジャイアン)と、その子分の嫌味な奴(スネ夫)に迫害されながら、マドンナ(しずかちゃん)に密かに想いを寄せるも叶わず、ある日とつぜん現れた謎の存在(ドラえモン)  に助けを求めると毎回ドタバタが起きるという痛快コメディフォーマットである。

これをベースとして、忍者ハットリ君、パーマン、キテレツ大百科などがうまれている。
オバQはもしかしたらさらにこれの原型かもしれない。

 

とにかくドラえモンフォーマットの特徴は、作品が変わっても外見がさほど変化しないということ=新しい作品を見ても体系や色使いや髪型や性別だけでキャラクターの立ち位置を瞬時に把握できることにある。

それが作品のわかりやすさに繋がった、というわけだ。

だからもし、iPhone、Android、そしてFlashとJavaScriptとアプリの違いをドラえモンに当てはめることができたら、これはすごくわかりやすくなるに違いない。

よおし、いいだろう。望むところだ。

 

「よし、まずのび太君がAndroidだとすると、iPhoneは出来杉くんだ。そして力持ちでいじめっ子のジャイアンはWindowsマシンで、金持ちのスネ夫はMacだとしよう。他意はないよ」

「えーっ私のXperiaはのび太なんですか?」

「そしてFlashというのは、ブラウザを選ばずに使える、という意味でドラミちゃんみたいな感じ」

「ドラえモンじゃなくてドラミちゃんなんですか?どうして?」

「うん。なんかドラミちゃんって普段は未来の世界にいるじゃない?Flashって、なんかAdobeっていう会社が独自に作った技術だから、なんか遠い感じがするんだよね。でも優しいしみんなに便利」

「ふーん・・・」

「で、ドラえモンはJavaScriptかな。というのも、いつもみんなの傍にいて、下手したら気がつかない。もう空気といっていいくらい溶け込んでる。けど、頼めばだいたいのことはやってくれる。けど時々ドジをする」

「JavaScript最高に持ち上げてますねー。そんなにいいんですか?」

「まあいいとか悪いとかという問題じゃないね」

「しずかちゃんは?」

「ユーザー、かな。どんなにのび太(Android)がラブコールしても、出来杉(iPhone)くんの家に勉強に行っちゃう」

「私ののび太(Xperia)かわいそう」

「それでのび太(Android)はドラえモン(JavaScript)の力を借りてなんとかしずかちゃんに近づこうとするんだけど・・・うまくいかない」

「出来杉(iPhone)もこっそりしずかちゃんの居所とか記録してるしね」

「のび太(Android)はこれから頑張って出来杉(iPhone)を超えなきゃいけない。それをまわりのみんなが応援してるって感じかな」

「そうなんだ。なんだか出来杉君も可哀想」

「うん。でもドラえモン(JavaScript)は出来杉(iPhone)くんとも仲良くしてるよ。映画の時は呼ばないけど」

「呼んであげて!」

「で、アプリだけど、アプリはそれぞれの登場人物のやる気、みたいな感じだね。アプリを使うとそれぞれの端末(登場人物)が持っている力を最大限に発揮できる。けれども、のび太のやる気は、スネ夫のところにもっていくことはできない」

「あ、なるほど。アプリは他のOSに持っていけないんですね」

「そういうこと」

「あ、じゃあXboxは?」

「映画版のジャイアンだよ」

「あーーーーーー。んーーー?」

「ま、今日はそういうことで」

 

我ながら途中まではいい感じだったが、最後がいつもうまくいかない。

 

ま、いいか。

マメ山マメオ。よろしく

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [GW特番]とある女子大生にiPhoneとAndroidとアプリとFlashとJavaScriptの違いを説明するために「ドラえモン」に例えると…
Post to Google Buzz
Share on GREE

No related posts.

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*