Skip to content

必見!9leap投稿ゲームプログラムの作り方!

さてさて、いよいよ開催が目前に迫った9leap(ナインリープ)。
9leapにゲームプログラムを投稿する際に覚えておいた方がいいポイントをお伝えするぞ!

 

9leapは、基本的にはスマートフォン向けのゲームプログラムのコンテストだ。
だからスマートフォンで動かないと話にならない。PCからの投稿も可能だから、PCまたはMacしか持ってない!という人でもゲームを作って投稿することは可能だ。

しかし審査はあくまでスマートフォンで行われるので、enchant.jsとVPADプラグインを使えば、自動的にPC/Macとスマートフォンで互換性をとってくれるぞ。ただし、enchant.jsをPC/Macで動作させるときには、HTML5対応のブラウザが必要になるので、適宜Google ChromeかApple SafariのWindows版をインストールしてチャレンジして欲しい!

Google Chromeのダウンロード
Safariのダウンロード

また、コンテストへの応募は9leap.netに対して行う。

ここでいまいちどルールを確認しておこう。

9leapのルール

・前期(5/1〜8/31)と後期(9/1〜12/31)の二回に分けて実施。それぞれテーマが異なる

・前期のテーマは「ゲームと笑顔」

・スマートフォン(iPhoneとAndroid2.1以降)で動作するゲームを対象とする

・解像度は320×320の正方形に限定

jqueryを使ったりするのは問題ないが、基本的に現段階の9leapでは、サーバと通信を行うようなプログラムの投稿はできないから注意が必要だ。

あくまでもミニゲームで勝負しよう。

また、前期9leapでは、AndroidとiPhoneの両方で動作させるため、シングルタッチの作品のみ応募を受け付けている。

マルチタッチ前提のゲームは後期で解禁になる予定だ。
外部サーバとの通信については、いずれ解禁になるかもしれまないがまだ未定だ。

 

ただし、なんと9leapには、遊んだゲームのスコアや結果をTwitterで友達に自慢するためのAPIが用意されている。

APIの呼び出し方は実に簡単。ゲームオーバーとともに以下のようなURLを呼ぶだけだ。

 

http://9leap.net/games/ゲームID/result/?score=スコア&result=結果メッセージ

 

ゲームIDとは、9leapにゲームを投稿すると自動的に割り当てられる数字だ。
これは、JavaScriptでは以下のようにすればいいのだ。


var id = location.pathname.match(/^\/games\/(\d+)/)[1];
                location.replace([
                    'http://9leap.net/games/', id, '/result',
                    '?score=',score,
                    '&result=', encodeURIComponent(result)
                ].join(''));

ここで設定したscoreは友達同士で得点を競い合ったりするときの並べ替えのキーとして使われる。resultは、Twitterなどで表示されるメッセージを決めるのだ。
たとえば、ゲームIDが1000で、40点のスコアで「40点だ!ガンバレ」というメッセージを表示させたいとすると

 

http://9leap.net/games/1000/result/?score=40&result=40点だ!ガンバレ

 

のようなURLを呼べばいい。

ちょっと面倒かな?

しかーし!!
そんなことを見越して、実はenchant.jsを使うとすぐにこういうややこしいハイスコアがアップロードできるようになるのだ!

enchant.jsの最新のアーカイブにはpluginディレクトリにnineleap.enchant.jsという9leap専用プラグインが入っている。

これを使うと、面倒なハイスコア登録も


                game.end(score,socre + 'mで死にました');

だけでOKだ。
それだけじゃないぞ!

ゲームには、タイトル画面やゲームオーバー画面があったほうがずっと盛り上がるのは良く知られている。
この、game.endメソッドを呼び出すと、すぐにゲームオーバー画面が出るようになっているのだ。

また、このプラグインを入れると、自動的に「START」という文字が最初に表示されるようになる。
これだけでグッとゲームっぽく見えるようになるから、不思議だよね。

enchant.jsは以下のURLから手に入れることができる。


enchant.jsのダウンロード

毎日のようにアップデートされるので、なにかバグってる感じがしたら、最新のenchant.jsをダウンロードしてみよう。

enchant.jsで使用するマップを作るための専用マップエディタも現在α版ながらgithubで公開されている。

enchantMapEditorのダウンロード

セーブ機能がないなど、まだだいぶ荒削りだが、配列をテキストエディタでちょくせついじくるよりはだいぶマシだぞ!

また、enchant.jsは既に使っている先輩プログラマー達が豊富な解説記事を用意している。
こちらの記事を参照することで、はやくゲームプログラミングが書けるようになるかもしれないぞ!

IDEA*IDEA enchant.jsでゲームプログラミングに初挑戦! 入門記事に最適!
IDEA*IDEA ゲームプログラミング サンプルプログラムの解説などが非常によくまとまっている
IDEA*IDEA enchant.jsを勉強するのに役立つサイトまとめ 便利なまとめページ
4Gamer「enchant.js」でゲームを作ろう! HTML5とJavaScriptによるアクションゲーム制作入門 超本格的なenchant.js入門。そのままは9leapに投稿できないけど勉強になること間違いなし!
強火で進め [enchant.js]enchant.js向けの全方向入力可能なバーチャルパッド 他にも参考になるコード多数
enchant.jsで「クマたたきゲーム」をつくってみたよ 入門記事
enchant.js くまたたき タイムアタック ebi’s webpage 入門記事

それではみんなの力作、待ってるよー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 必見!9leap投稿ゲームプログラムの作り方!
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. shi3z式ゲームプログラミング入門 #3 “ゲームらしく”する

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*