Skip to content

少年もかつて少年だった人も、ゴールデンウィークはゲームを作ってiPad2を当てよう!

(株)ユビキタスエンターテインメントことUEIと、D2コミュニケーションズが共同で開催する、学生対抗ゲームプログラミングコンテスト”9leap(ナインリープ)”がいよいよ来る5月1日からスタートする。

それにあわせて、オープニングキャンペーンとして、「9 Days Challenge(ナインデイズ・チャレンジ)」を決行するぞ!

9 Days Challengeとは、5月1日から5月9日までの9日間の間に投稿されたゲームのみを審査対象として、5月31日までに遊ばれた回数やゲームの完成度などを審査。

とにかくインパクト抜群の作品に贈られるインパクト賞や、「こりゃ凄い!」というテクニックを使った作品に贈られるテクニック賞を受賞すると、解放F値が2.0という、高級コンパクトデジカメ、「キヤノン PowerShot S95」が当たる!。

このPowerShot S95は、shi3z編集長も愛用している高性能コンパクトデジカメ。
レンズの明るさもさることながら、裏面照射CMOSセンサーによる暗がりでもフラッシュなしでバッチリ明るく奇麗に撮れる高性能を搭載している。

そのくせ、他の高級コンデジのように妙に大きくてかさばったりせず、ポケットにスポッと入ってしまうところも特徴だ。

デジカメを賞品に選んだのは、ゲーム開発において、オリジナルの風景や事物を使いたいと思うことはよくある。

デジカメがあれば、手書きのイラストをPCに取り込むのも簡単だし、ゲームの背景を自分ちの近所の裏山にしたり、ラスボスを友達の顔にしたりといったことも自由自在だ。

 

さらに!!

総合的にみて最も完成度が高く面白い作品には「優秀賞」として、なんとあの今日、日本で発売されたばかりの「iPad2 64GB WifFi版」が当たるという太っ腹なイベントなのだ!

 

そしてさらに!この9Day Challengeだけは、本編とは違い、社会人も参加OKだ。

 

というわけで、プログラミングが大好きな少年達も、腕に覚えがあるプログラマーはぜひこの連休を活用して、オモシロくて思わず目ん玉が飛び出しちゃうようなゲームを作って、9leap.netにどしどし投稿して欲しい!

http://9leap.net/

9leapは基本的にはスマートフォン向けだけど、どうしてもPCでしか動かない、という場合でも投稿OKだ。ただし、画面の大きさだけは320×320ドットという制限のなかで作って欲しい!約束だぜ!

 

9leap.netは5月1日オープン予定! ゲームは作ったことないけど、遊びたいだけ!という人も大歓迎!どんなゲームが飛び出すのか、いまから楽しみにしてくれい!

PCからでも遊ぶことができるぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 少年もかつて少年だった人も、ゴールデンウィークはゲームを作ってiPad2を当てよう!
Post to Google Buzz
Share on GREE

Related posts:

  1. #genkinippon iPad2 64GBが当たる寄付ハックキャンペーンの抽選方法を提示します

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*