Skip to content

MWC2011レポート:Motorola ATRIXと新しいユビキタスコンピューティング

こんにちは、はじめまして。wise9編集部のリョウヘイです。

私はいま、スペインのバルセロナに来ています。

世界最大のモバイル技術展示会、Mobile World Congress 2011 (MWC)に参加しています。

ここでは8つのホールに大小1500以上のブースが建ち並び、各社の製品やサービスを展示していますが、今年の展示の主役はやはりAndroid。

Sony Ericsson, LG, サムスン, acer, 京セラ, SHARP, 富士通, NEC, Motorola, kt tech, DELL, ASUS…

ありとあらゆる企業が、Androidの入った端末を展示していました。

中には「あれっ、この会社は携帯作ってたっけ?」なんて企業も。

グラスレスのモバイル3D端末や、ハードウェアキーボードのついた端末。

とにかく薄くて軽い端末など、各社の打ち出しているコンセプトは様々。

でも、最初の2,3のブースを見て回っているころは楽しかったのですが…、

数え切れないくらいの端末を見ているうちに、こんなことを思ってしまいました。

「Androidはたくさんあるけれど、ちょっとした仕様が異なるだけで、本質的にはどれもiPhoneの枠組みからは抜け出せていないんじゃないか?」

「マルチタッチUI、App Storeがあって…というiPhoneの枠組みから頭一つ抜けるような、目に飛び込んでくるような新しい機能がない…。」

そんなこんなで無数の「なんちゃってiPhone」的なAndroid端末に囲まれて食傷気味になっていたそのとき、とある企業の出した端末が目に入りました。

それは、こちら。

Motorola ATRIX

ATRIXは、MotorolaがCESで発表した最新機種。

iPhoneよりわずかに大きい、Android端末には、デュアルコアのCPUが搭載されており、通常の携帯電話としての操作で表示がモタつくことは全くありません。

さらに、この端末は画面のHDMI出力にも対応しています。

といっても、HDMI出力に対応したAndroid端末は、会場を見渡せばたくさん展示されていました。

LGのOptimus Mach、台湾AcerのAcer Stream、Sony EricssonのXperia Arcなどなど。

しかしこのMotorola ATRIXは、そのコンセプトが全く違います。

ATRIXには Lapdock という、キーボードとディスプレイがくっついたアクセサリが同時発売される予定で、これに端末を接続すると、まるで端末をネットブックのように使えるのです。

しかももちろん、Lapdock自体にはCPUやストレージは搭載されていないので、激薄で超コンパクト。

ATRIXではWebTopのアプリケーションが動くので、端末本体のプロセッサだけでは処理しきれない大量のデータも、インターネットの向こう側でざくざく処理して快適な動作が実現できます。

基本的なメール処理や文章作成、インターネットなんかはこのATRIXが一台あればもう十分。

しかも、例えばiPadとiPhoneを組み合わせたときみたいに、各端末のストレージにデータが分散することはありません。つまり、いちいちインターネットに接続して端末同士をシンクする必要がない。煩わしい充電やパソコンとの同期も一台だけでOK。

もうひとつのアクセサリ「HD Multimedia Dock」を使えば、HDMIケーブルで出張先やオフィスのディスプレイと接続することもできます。

つまり、キーボードやディスプレイなどのI/O環境さえあれば、超小型端末を持ち歩くだけで、どこでも自分流にカスタマイズされた作業環境を利用できるようになるのです。

しかも、複数の端末に分散された大切な文章やメールを分散させたり、たくさんのデバイスを充電する必要はもうありません。

仕事にも散歩にも出張にも、ポケットに入れたATRIX一台で十分。これは究極のユビキタスコンピューティングのカタチかも?

詳しい情報はこちら : Motorola ATRIX 4G – dual-core phone – Android smartphone – Experience – Motorola Mobility, Inc. USA

文・リョウヘイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - MWC2011レポート:Motorola ATRIXと新しいユビキタスコンピューティング
Post to Google Buzz
Share on GREE

No related posts.

Comments Closed