Skip to content

[プレゼント企画] プログラマーの図書室 #1 プログラミングを入門するのにお勧めの本

今日はプログラミングをもっと勉強したいと思った人たちにお勧めの本を紹介するよ

基礎からのJavaScript
この本は文字通り基礎からJavaScriptを解説している。
JavaScriptをプログラミング言語として厚かった本の中ではいちばん読みやすく、きちんと解説されているからJavaScriptをきちんと勉強したい、という人にはお勧めだ。
ただし、情報がちょっと古いのが残念。

とはいえ、基礎的な部分はこれでだいたいカバーできるし薄くて持ち運びやすいのもいい。
wise9の連載でざっくりプログラミングの楽しさに慣れて来たら、この本に挑戦するのがいいんじゃないかな

ゲームプログラミングジェムズ
ちょっと上級者向け。

ゲーム開発の奥義についてかなり詳細まで解説してある本。
他の本にはない独特のアルゴリズムや素晴らしいプログラミングテクニックなどがテンコ盛り

ページをめくるたびに血湧き肉踊るようなワクワク感が湧いてくる本だ。

内容はVisualC++向けとちょっと硬派だけど、基本的なアルゴリズムは参考になるし、図を見ているだけでも面白い。

問題なのは値段。ちょっと高すぎるかな。



まつもとゆきひろ コードの世界~スーパー・プログラマになる14の思考法

この本は本当に素晴らしい。
日本で開発され、いまや世界中の開発者が夢中になっているプログラミング言語Rubyの開発者である、まつもとゆきひろ氏による、「プログラミング言語」の解説書。

しかも、Rubyだけでなく、さまざまなプログラミング言語に言及しており、なぜRubyがいまのような仕様になったのか、まつもとさん自身の苦悩や体験を交えて書かれていて非常に面白い。

本当に唯一、問題があるとすれば、この本を読むとRubyを好きになりすぎてしまうこと。
絶対に全てのプログラマに読んでほしい必読の名著だ。



コンピュータグラフィックス 理論と実践
この本は非常に古い本なんだけれども、僕が人生でもっとも衝撃を受けた本だ。
そしてこの本を超えるコンピュータグラフィックスの教科書は今現在も現れていない。

コンピュータグラフィックスの全ての事柄について網羅的に書かれた初めての本で、この本(の原著)を編集した人は、この本を作ったという功績、ただそれだけでコンピュータグラフィックスの世界のノーベル賞といわれる、ACM SIGGRAPHのスティーブン・A・クーンズ賞を授与されたくらいだ(この賞はたいへん栄誉ある賞で、歴史上15人しか受賞していない)。

僕はこの本の原著を読んだのは18歳のとき、海外の本だからものすごく高かった。大学生の身分ではとても買えないほど高く、アルバイトをして買ったんだ。

この本の日本語版がないことが非常に残念で、僕は複数の出版社に企画を持ち込み、ついにオーム社が日本語版を出してくれた。

僕も翻訳のチェックなどに参加させてもらった思い出のある本でもある。

書いてあることの大半は難しすぎて解らないと思うけど、それを読み解いていくのがこの本の楽しみ。この本一冊でゆうに一年は楽しめるだろうという伝説の本だ。

欠点、やっぱり値段が高いこと。


GPU Gems
GPU、グラフィックプロセッシングユニットは、コンピュータグラフィックスのためになくてはならないものだ。

それだけではなく、最近はGP-GPU(ゼネラルパーパスGPU/汎用目的GPU)として、GPUを単にグラフィックスを表現するだけではなくてより一般的な計算目的に使ってみよう、という動きが出て来た。

GPUはいまやiPhoneやAndroidにすら内蔵されている。
そしてこれからブラウザへの搭載が期待されるWebGLも、やはりGPUに対応している。

これからのプログラマはGPUをいかに使いこなすかが重要になってくるかもしれない。
GPUがどれだけスゴイ性能を秘めているか、それこそ一昔前のスーパーコンピュータを凌ぐような性能のものが、ポケットに入るサイズの端末に入っているわけで、その可能性は計り知れない。

まだこれを完全に活用したプログラムは少ない。
GPUをいかに使いこなすか、それによってリアルなグラフィックスを表現するにはどんな方法があり得るか、それを解説したのが本書をはじめとする「GPU Gems」シリーズだ。

実際にGPUを開発しているnVidia社の技術者たちも多数寄稿していて、非常に刺激になる一冊。
欠点は、やっぱり高いこと


ここで紹介した本は、全てけっこう高い本なんだ。
けれども、それだけの値打ちのある本だ。
もし学校や近所の図書館にあったら、穴があくまで読むといいよ。

投稿者プレゼント

投稿型ブログメディアを目指して創刊したwise9だけれども、なんといままで投稿は一度も掲載されたことがない。

というのも、投稿そのものは来てるんだけど、まだ掲載できるレベルのものがないんだ。

そこで、投稿してくれた方の中から一名に、今日紹介した本、どれでも一冊プレゼントすることにしよう。掲載されなくてもいい。とにかく投稿してきてくれさえすれば、誰でも抽選に参加する権利がある。

詳しくはhttp://wise9.jp/投稿募集を見てみて!
投稿するときにどの本を希望するかも添えてね。

期間は3/31まで!
投稿して!おねがい!という思いを込めながら。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [プレゼント企画] プログラマーの図書室 #1 プログラミングを入門するのにお勧めの本
Post to Google Buzz
Share on GREE

No related posts.

Facebook comments:

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*